那須塩原に暮らす人

新幹線通勤しながら“ヒュッゲ”な暮らしを満喫できるまち。柳田優希さん

福島県郡山市出身、妻の実家が那須塩原市。新幹線通勤をしている会社員。暮らしの中にアウトドアを取り入れ、多数のメディア等に掲載される。2年前に始めたインスタグラム。フォロワーは約1.5万人。(201810月時点)

 

自然に囲まれた生活がしたい
自分のライフスタイルに合わせた家づくり
生活自体が癒しの空間

那須塩原市は自然が豊かで樹木がたくさんあって、ドライブしていてもすごく気持ちが良くて。そんな自然に囲まれた生活がしたいと思っていました。そういった理想の暮らし方を実現できるような場所が妻の実家に近くにあり、ここに決めました。そしてこの雰囲気に合う家をいろいろ探しました。住宅展示場等に足を運んだりもしました。

そうやって家を探す中で、ある住宅メーカーで家を建てた人たちのコミュニティと出会いました。アウトドアやキャンプが好きだったり、いろいろなものをDIYしたり、自分で直したり、そういう人が多いんです。私自身も今後こんな風に生活がしたいなという想いも一致して、ここで楽しく暮らしていけるんじゃないなかと思い、今の家を選びました。

 

自分で作る楽しみ
理想に近いライフスタイル

家を建ててから、いろいろなものを自分で作ることが好きになりました。休みの日は子ども達と一緒に過ごしながら、テーブルを作ったり、薪小屋を作ったりしています。どんな風に作ろうかとか考えるのも楽しいです。そうやって家の中の暮らしと外の暮らしをだんだん自分で作っていくことで、自分の理想に近いライフスタイルを過ごせているように思います。

 

地域に溶け込みながら暮らす
適度なスローライフができるまち
仕事のメリハリも快適な新幹線通勤だからこそ

那須塩原市は自然もたくさんあるのはもちろんですが、地域のみなさんも親切で地域の活動にも一生懸命。お祭りなどのイベント多く賑わいもある。そういう場所だから居心地がいいのかなと思います。庭でキャンプもできちゃう。(笑)

また、那須塩原市はすごく便利なところだと思うんです。新幹線もとまるし、街中にいけばなんでもあるし、田舎暮らしもしたいけど、便利さも捨てられないという人にはちょうどいいまちだと思います。もっと田舎に行ってしまうと本当に大変だし、適度なスローライフができるまちです。

 

新幹線通勤はすごくいいです。本を読んだり、インスタ(グラム)したり、映画をみたり、自分の時間として使っています。

また、仕事のメリハリもつきますね。新幹線の時間が決まっていることで、計画的に仕事ができるようにもなりました。もちろんはじめは仕事が終わるかなと心配でした。会社や周りの理解が得られれば新幹線通勤は快適です。

 

インスタグラムでつながる
フォロワーの憧れのライフスタイル

同じ住宅メーカーで家を建てたコミュニティで知り合った方たちと情報交換をSNSやブログとかで行っていました。その中で、インスタグラムをやってみたらとアドバイスを受けて、家の周りの写真などを撮ってアップするようになったんです。はじめはそんな仲間の方達にフォローされていたんですけど、だんだん「こんな生活がしたいんです。」という人にフォローされて今に至ります。

カメラは10年ほど前に趣味で撮っていました。その頃は、一眼レフを持って、いろいろなところにいき、風景や飛行機、本当にいろいろなものを撮っていました。

インスタグラムを始めて友人が増えました。SNS上だけじゃなくて、実際に10人ほど集まってパーティーをしたりもしています。

薪ストーブの薪もそんな風にSNSで知り合った知人が「今、木を倒すから」って連絡をくれるんです。チェーンソーを軽トラに積んでもらってきます。

また、お家を見せて欲しいと連絡をもらって対応したこともあります。埼玉の人でこんな生活がしたいと直接連絡をいただきました。本気でこのあたりに雑木林を探していて、移住を考えているそうです。

 

田舎に住むということ
移住する前に五感で感じてみる

移住する前には、何度も足を運んでみることをお勧めします。街中を歩いてみたり、レンタカーを借りてあちこち回ってみたり。那須塩原市は自然も多い分、場所によっては落ち葉の掃除などもたいへんですし、酪農をやっている人もいるので、匂いなどもあります。かといって暮らせないわけではないです。それは季節によっても日によっても異なるので、いろいろなタイミングで来てみるとよいかと思いますし、自分の五感で感じてみるのがいいと思います。

私自身はこれからもっと地域の中に入っていって、お祭りに参加したり、コニュニティに参加しながら、知り合いを増やしていきたいと思っています。

 

カメラは10年ほど前に趣味で撮っていました。その頃は、一眼レフを持って、いろいろなところに行き、風景や飛行機、本当にいろいろなものを撮っていました。

コメントを残す

*

CAPTCHA